関東地区研究会

参加申込・連絡先
関東地区研究会 世話人:齋藤 智志

▼案内

■関東地区研究会(通算第21回〔リニューアル第3回〕)
[日時] 2017年11月4日(土) 14:00-18:00
[場所] 学習院大学 北2号館(文学部棟)4階 大学院 人文科学研究科 共同研究室404号室
[発表]詳細は、追ってお知らせします。
[読書会テクスト] ショーペンハウアー『意志と表象としての世界』U(西尾幹二訳、中央公論新社〔中公クラシックス〕、2004年)の319頁2行目から(前回は発表が3本あったので、読書会はしませんでした)。個人研究発表を希望の方は発表概要(1600字程度)を、研究構想等を発表希望の方はタイトルを、10月4日までに世話人にお送りください。
なお、当日は会場の学習院大学で大学祭が行われています。

■関東地区研究会(通算第20回〔リニューアル第2回〕)
[日時] 2017年8月5日(土) 14:00-18:00
[場所] 学習院大学 北2号館(文学部棟)4階 大学院 人文科学研究科 共同研究室404号室
[発表]
・堤田泰成(上智大学大学院):「ショーペンハウアー哲学における中世キリスト教思想の受容と展開」(博論構想)
・石川茉耶(早稲田大学大学院):「フェミニズム美学への導入――ショーペンハウアーとジェンダーの問題」(仮)
・林 睦美(会員):「ショーペンハウアー倫理学と臨床倫理学に接点はあるか?」(仮)
[読書会テクスト] ショーペンハウアー『意志と表象としての世界』U(西尾幹二訳、中央公論新社〔中公クラシックス〕、2004年)の319頁2行目から(前回は発表が3本あったので、読書会はしませんでした)。

■関東地区研究会(通算第19回(リニューアル第1回))
[日時] 2017年6月3日(土) 14:00-18:00
[場所] 学習院大学 北2号館(文学部棟)4階 大学院 人文科学研究科 共同研究室404号室
[研究発表]
・田島有里(東洋大学大学院)「ショーペンハウアーにおける意志の客観化について」(仮)
・田代嶺(学習院大学大学院)「ショーペンハウアーの自殺論」
・堤田泰成(上智大学大学院)「明治・大正期におけるショーペンハウアー哲学の受容について――主著『意志と表象としての世界』の訳語の問題を中心に」
[読書会テクスト] ショーペンハウアー『意志と表象としての世界』U(西尾幹二訳、中央公論新社〔中公クラシックス〕、2004年)の319頁2行目から。
[コメント] 人生論部会から改称した関東地区研究会を開催します。これまで人生論部会が担っていた一般参加者向けの部分は、新たに始まった哲学カフェ・レーベンに受け持ってもらい、関東地区研究会は研究志向をより高めた形にリニューアルします。むろん、一般参加者の参加も歓迎します。

人生論部会の開催履歴




メインサイトへ