Internationale Konferenz / 国際会議
Der junge Schopenhauer und seine Zeit
若きショーペンハウアーとその時代
Programm / プログラム

 Das Internationale Forschungsprojekt anlässlich des 200. Jubiläums von Die Welt als Wille und Vorstellung: Das neue Jahrhundert Schopenhauers (JSPS, No. 17H02281) [Übersicht des Projekts]
 International research project to mark the 200th anniversary of The World as Will and Representation: The New Century of Schopenhauer (JSPS, No. 17H02281) [Overview of the Projects]
 研究プロジェクト「ショーペンハウアー研究の新世紀へ ― 主著刊行200 周年を機縁とした国際共同研究」(〔基盤研究(B)(一般)、課題番号:17H02281〕)企画 [プロジェクトの概要]

日時:2018年2月21日(水曜)、22日(木曜)
場所:関西学院大学西宮上ヶ原キャンパス 図書館ホール
Datum: Mittwoch, 21./Donnerstag, 22. Februar 2018
Ort: Bibliothekssaal der Kwansei Gakuin Universität
通訳がつきます

なお、本国際会議(公開・参加自由)に続き、2月23日(金)~24日(土)にかけて、各発表テーマを、発表者との討論によって深める研究会を行います。参加には事前申込が必要ですので、ご関心ある方は、下記の連絡先にお問い合わせ下さい。


画像をクリックすると、ポスターを
拡大表示・ダウンロードできます。
Mitwoch, 21. Feb. / 2月21日(水)

10:40 Eröffnung 主催者の挨拶

11:00
Dr. Martina Kurbel (Ludwig-Maximilians-Universität München):
„Schopenhauers Inspiration aus dem Oupnek'hat“
クアベル, マルティナ(ミュンヘン大学)
「ショーペンハウアーがウプネカットから得た着想」

12:00
Dr. Yukiko Hayashi (Kwansei Gakuin Universität/Universität Mainz):
„Über den Begriff des Gefühls des jungen Schopenhauer“
林由貴子(関西学院大学/マインツ大学)
「若きショーペンハウアーの感情概念について」

13:00
Mittagspause 昼食

14:30
Dr. Thomas Regehly (Archivar der Schopenhauer-Gesellschaft):
„Der Weg führt nach innen! – Schopenhauers revolutionäres Prinzip und die europäische Romantik“
レゲーリ, トーマス(国際ショーペンハウアー協会)
「道は内奥へと進む ― ショーペンハウアーの革命的原理とヨーロッパのロマン主義」

15:30
Dr. Iku Steiner-Hori (Kwansei Gakuin Universität):
„Entschleierte Natur“ – die Verwandlung des Begriffs ‚Natur‘ beim jungen Schopenhauer“
シュタイナー堀郁(関西学院大学講師)
「ベールをはがれた自然 ― 若きショーペンハウアーにおける「自然」概念の変容」

16:30
Prof. Dr. Matthias Koßler (Universität Mainz, Präsident der internationalen Schopenhauer-Gesellschaft):
„Der ‚wahre Kritizismus‘ und die Philosophie der Frühromantik: – Schopenhauers frühester philosophischer Ansatz“
コスラー, マティアス(マインツ大学教授、国際ショーペンハウアー協会会長)
「「真の批判主義」と初期ロマン派の哲学 ― ショーペンハウアーの最初期の哲学的発端」

18:00 Gemensames Abendessen 懇親会 関西学院大学「オハラホール」




Donnerstag, 22. Feb., Schopenhauers Geburtstag / 2月22日(木)、ショーペンハウアーの誕生日

11:00
Tadahiro Oota (MA, Kyoto Universität):
„Induktion und Abstraktion bei Schopenhauer“
太田匡洋(京都大学)
「ショーペンハウアーにおける帰納と抽象」

12:00
Erik Eschmann (Universität Mainz):
„Die Diskussion um eine Metaphysik der Natur. Schopenhauers Entwicklung einer Grundlage seiner Naturmetaphysik durch die Rezeption Kants und Schellings“
エシュマン, エリック(マインツ大学)
「自然の形而上学についての考察.カントとシェリングの受容を通じてのショーペンハウアーの自然の形而上学の基盤の発展」

13:00 Mittagspause 昼食

14:30
Prof. Yoichiro Takahashi (Nihon Universität):
„Idee und Zeit – Die Probleme der Ideenlehre beim jungen Schopenhauer“
高橋陽一郎(日本大学)
「イデアと時間 ― 若きショーペンハウアーにおけるイデア論の諸問題」

15:30
Prof. Dr. Matteo d’Alfonso, (Universität Ferrara):
„Was ist ‚Vernunft‘? Die Umbildung der Kantischen Vermögenslehre in den frühen Notizen Arthur Schopenhauers“
ダルフォンソ, マテオ(フェラーラ大学教授)
「「理性」とは何か?アルトゥール・ショーペンハウアーの初期メモ書きにみるカントの能力論の改造」

16:30
Prof. em. Dr. Kamata, Yasuo (Kwansei Gakuin Universität):
„Die transzendentale Deduktion des Leibes beim jungen Schopenhauer“
鎌田康男(関西学院大学名誉教授)
「若きショーペンハウアーにおける身体の超越論的演繹」

17:30
Ende der Tagung 終了


連絡先:
関西学院大学法学部
河村克俊研究室
662-8501 西宮市上ヶ原一番町1-155
電話:0798-54-6203



ショーペンハウアー研究の新世紀へ ―主著刊行200周年を機縁とした国際共同研究(日本学術振興会学術研究助成基金助成金・基盤研究(B)課題番号17H02281)
国際ショーペンハウアー学会(国際会議) 発表者氏名・発表タイトルデータ




メイン・サイト